自動車の事故に遭った際自らが交通事故の被害者のケースでも、相手方が手落ちをちっとも受容しないことは多数みられます。例として、わざとではなく注意不足で相手の自動車を激突した状況などに言い合いに結果なってしまう状況があるのです。そうであっても事故現場で物損と処理され忘れた頃に症状が出た際に、通院した病院の参考になる診断書警察署に出すということは対処が遅くなるのは否定できません。そうであるなら、車での事故の過失割合の認定にはどんな物差しが決まっているのでしょうか?きちんと言えば、警察が確定するのは主に車での事故の責任が考えられるのは関係したドライバーのどちらかという事であって過失の割合がどうなのかではないのです。決められた事故の責任者が知らされるケースは有り得ないです。過失の割合がどうなのかは本人たちの協議によって決定され、それが自動車事故の賠償の基準です。この時、関係者全員が自動車任意保険に入っていなかった場合には、本人同士がダイレクトに相談するしかありません。けれども、当たり前ですがそういう方法では、感情に走ったやり合いになる場面があります。さらに、互いの言い分に相違があれば最悪、裁判での争いに入りますが、この場合時間と費用の計り知れない損失となってしまいます。そのためほとんど、事故に関わってしまったそれぞれの運転手に付随する自動車保険会社、そういったお互いの保険の会社に調整を委任する対応を駆使して、相当な「過失割合」を決定させます。そういった場合自動車保険会社は、過去の車の事故の裁判が行われ、出た判断から算定した認められた基準、判断例を元に、推測とやり取りをして過失の割合を導き出します。と言いつつも、自動車での事故においては、遭遇してしまったのか他者を巻き込んでしまったのかには関係なくまず警察に連絡するのが鉄則です。その上で保険会社に電話をして、その後の調整を委ねるのが手順になります。ちゃんとした手順さえ分かっていれば、双方の建設的でない議論となる状況を回避できます。